新着情報

開発総合支援のイ.ソフト株式会社の最新情報をお届けします。

スマートスピーカーのB2B向けソリューション提供開始について

2017年9月15日

                                     F01.png

2017年9月15日
東京都台東区浅草橋3丁目27番7号
イ.ソフト株式会社

 

スマートスピーカーのB2B向けソリューション提供開始について

~フェアリーデバイセズ株式会社との協業~

 

  イ.ソフト株式会社(本社:東京都台東区浅草橋3丁目27番7号、代表取締役社長:相場邦二郎、以下当社)は、フェアリーデバイセズ株式会社が発表した音声対話システムに最適なホワイトレーベルハードウェア製品群「Fairy I/O™」シリーズ[1]のB2B向けソリューション提供について発表致します。

  

[1]音声対話システムに最適なホワイトレーベルハードウェア製品群と音声対話システムの為の共創的なホワイトボックス技術スタックについては、フェアリーデバイセズ株式会社リリース記事をご参照ください。

http://www.fairydevices.jp/blog/2017/09/04/21

 

 1. 背景と概要 (取り組みについて)

 当社は、2000年設立時よりビジネスアプリケーション開発、ハードウェア設計開発等、種々のシステムを開発してきました。2010年新規事業参入として、フェアリーデバイセズ株式会社に出資を行い、2013年より聴覚プラットフォームmimi®(フェアリーデバイセズ開発)のクラウドサービスを企業向けに提供を開始しました。

 近年、各種音声サービスの普及により、業務用用途での音声認識活用の需要が拡大しております。当社は、B2Bにおいて最適にご利用いただける音声認識を実現する為に、「Fairy I/O™」シリーズの特性を最大限に引き出し、最適な開発・サポートを受託できる体制を目指して参ります

 

2.ソフトウェア機能

 スマートスピーカー「Fairy I/O™」には、各種機能を利用する為に最適化されたフェアリーデバイセズ製SDKがプリインストールされています。きめ細かに、顧客ニーズを実現、カスタマイズを行う為には、ソフトウェア、ハードウェア、アプリケーションの深い連携を理解した上でのノウハウが必要になります。当社は、そのノウハウを活かし、実用化できる仕組みづくりを目指して参ります。

 

3.当社の役割イメージ

 フェアリーデバイセズ株式会社の製品群と各種連携技術を融合させて、B2Bとして最適にご利用いただけるシステムを顧客に提供する事が当社の役割です。    
      

  F02.jpg

 

4.応用例(音声入力テキスト作成 支援システム)

 音声認識技術の向上により各製品の認識率は向上しております。一方で、認識させる音声データの品質により認識結果は影響を受けます。当社は、B2Bとして最適にご利用頂ける改善ノウハウを提供して参ります。
       
    

 

商標について:

記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

掲載されている写真について
Fairy I/O Tumbler (T-01)の写真はフェアリーデバイセズ株式会社の著作物です。

 

本リリースに関するお問い合わせ先:

ソフト株式会社 ICTソリューション第二営業本部 

電子メール e-sales@e-sft.co.jp

  2017年9月15日 09:37:00  [admin]